水で洗っただけでは放射性物質の存在は消えません。放射線を分解・除去する機能水を使った除染活動です。

検索
キーワードを入力してください
マルハビTwitter

東京家具付モバイル
東京家具付モバイル

株式会社イチイ
イチイグループ
東京家具付き賃貸
東京家具付き賃貸
senior's 高齢者賃貸住宅
高齢者にお勧め物件
都会と田舎暮らし
マルチハビテーション

富岡町役場にて:樹木の除染実験

                   樹木の除染実験
             実験場所・・・富岡町役場

福島除染CAJYUIQP.jpg2月14日、前回と同じ富岡町役場で、除染方法の糸口がつかめない樹木の除染実験を行った。

なぜ、樹木の除染が難しいかというと、従来の高圧洗浄による除染では、洗い落とした部分の放射線量を一時的に下げることはできても、流れ落ちた放射性物質の処理(表土を削り取る)も同時にしなければ、そこがホットスポットになってしまうおそれがある。

また、風が吹けば飛んでくる花粉と同じく、放射性物質も非常に軽く広範囲に飛散するので、部分的にやってもすぐ汚染されてしまう。

それを防ぎ、除染の効果を上げるためには地域全体を除染するしかない。ただ、そのための費用と時間は膨大になる。


前回の玉砂利実験では、特殊加工したミキサーに、クリーニング用補助資材と界面活性効果が高い機能水(創生水)と一緒に入れ、約1時間の撹拌。その結果約82%の放射能減に成功し、短時間・低コストで高い効果が得られることを証明した。
 
福島除染CAHQS8TC.jpg
今回は、立木が対象のため、そのまま木に創生水(機能水)を噴霧し、放射性物資がどのくらい取り除けるか実験を行った。

 木に創生水を噴霧。8時間放置した後、放射線量を測定。その結果、約30%の放射線量が無くなったことが確認された。

この実験は、高圧洗浄などによる洗浄ではなく、創生水という物質を付着することで放射性物質がどの程度無くなるかという実験である。

 
 福島除染CAH2VPOD.jpg従来の高圧洗浄、表土剥離などの除染方法では、費用はもちろんのこと、除染した後の2次的処理(仮置き場の確保)が大きなネックになっている。新しい方法が開発されていなかったためで、今回のように、放射性物質そのものを減量してしまうことが出来れば、これらの問題は一挙に解決の方法に向かう。

樹木に付着している放射線物質を減量できるということは、内部被爆した人体にも有効でないわけがない。被爆した牛を使っての内部被爆除染実験も行っており、減量した結果も出ている。


内部被爆に苦悩する人々がたくさんおり、また福島復興のために今日も警戒区域で内部被爆を覚悟で作業している人達がいる。その人達に、この除染方法を早く届けてあげたいと思っている
                                   文責  荻野 政男