水で洗っただけでは放射性物質の存在は消えません。放射線を分解・除去する機能水を使った除染活動です。

検索
キーワードを入力してください
マルハビTwitter

東京家具付モバイル
東京家具付モバイル

株式会社イチイ
イチイグループ
東京家具付き賃貸
東京家具付き賃貸
senior's 高齢者賃貸住宅
高齢者にお勧め物件
都会と田舎暮らし
マルチハビテーション

農林水産省立合いのもと除染実験(2012.9.5)

2012年9月5日(水)農林水産省立合いのもと"機能水"を使った放射能除染の実証実験が行われました。


img_1255638_63502400_2.jpg
除染効果と経済効果の高い除染方法を探し出すため、国は実証実験を繰り返し続けてきております。 今回はその一つの方法として、『ふくしま国際メディア村』がかねてから推奨してきた"機能水"を使用しての実証実験を福島県いわき市で行いました。

ふくしま国際メディア村いわき本部ではこの機能水を使って、福島をなんとかしたいという強い気持ちで除染実験だけでなくボランティアによる除染作業を行っております。
写真:(作業に携わる、ふくしま国際メディア村のいわき本部長)



ふくしま除染_1255638_63502400_0.jpgのサムネイル画像
機能水を作る機械は、大きく分けると以下のような働きをします。
・イオン交換樹脂水を超軟水に変える
・黒曜石水を還元させ、活性水素を生み出す
・アルミカールとトルマリンが洗浄力を高める 

詳しくは⇒機能水が生成されるメカニズム 




 
img_1255638_63502400_3.jpg
実験内容

効果を高めるためにプラントに貯めた機能水を12時間巡回させ、濃度を高める作業を行いました。








試験用に使用した汚染土壌は2.685マイクロシーベルト/hという高い数値でした。 (写真:右)(写真左:作業風景)
img_1255638_63502400_4.jpg
img_1255638_63502400_1.jpg






img_1255638_63502400_5.jpgのサムネイル画像

試験用汚染土を投入していきます。混じり合った汚染土と機能水が吸い上げられていきます。








img_1255638_63502400_6.jpgのサムネイル画像
細かい気泡ができ混じり合った水が白くなっていますが、これは機能水のクラスターが細かいために起こっている現象で、普通の水ではこのような現象は起こりません。普通の水の場合は、混じり合わうことなく透明水のままになっています。






img_1255638_63502400_7.jpgのサムネイル画像
撹拌された汚染土と機能水を分離し、土だけを取り出します。取り出した汚染土の放射線量を計ったところ約60%の除染効果がありました。 次に取り出した土の内86g(0.698μシーベルト)に、さらに機能水を加え、乾燥後の数値を測定。 結果は6.4%の除染効果がありました。


以上の結果から、水で洗浄するよりも機能水の方が除染効果が上がるという結果がでました。また、機能水は水のクラスターを極限まで小さくし、もともとは洗剤を使わなくても食器などの油が綺麗に落ちる効果があるため、そちらの方も効果が期待されており、引き続き実験が行われる予定です。
詳しくは⇒ 除染に使用する機能水の効果