水で洗っただけでは放射性物質の存在は消えません。放射線を分解・除去する機能水を使った除染活動です。

検索
キーワードを入力してください
マルハビTwitter

東京家具付モバイル
東京家具付モバイル

株式会社イチイ
イチイグループ
東京家具付き賃貸
東京家具付き賃貸
senior's 高齢者賃貸住宅
高齢者にお勧め物件
都会と田舎暮らし
マルチハビテーション

1号機の建屋カバー戻す「有意な変化なし」

ニュース 1のコピー.jpg

福島原発ニュース




NHK NEWS WEB 2014年10月16日 

東京電力福島第一原子力発電所1号機で、建屋に散乱しているがれきの撤去作業に向けて、周囲への影響を調べるために試験的に取り外された建屋カバーの一部が、元に戻されました。
東京電力は、周辺の放射線量に有意な変化はなかったとしています。

福島第一原発1号機では、使用済み燃料プールから核燃料を取り出すため、建屋を覆うカバーを解体して大量のがれきを取り除く計画で、東京電力は、がれきに粉じんの飛散を防ぐ薬剤をまいたうえで、ことし10月末から屋根の一部を試験的に取り外し、放射性物質が飛散しないか確認していました。その結果、これまでのおよそ1か月間、周辺の放射線量などに有意な変化はなかったとしていて、4日、取り外した屋根の一部を再び取り付ける作業を行いました。

午前7時半ごろから、外されていた2枚の屋根パネルうちの1枚がクレーンでおよそ1時間かけて天井に取り付けられたあと、もう1枚のパネルも正午前に取り付けられ、建屋カバーは解体前の状態に戻されました。
東京電力は、がれきの状況などを分析したうえで来年3月にも本格的なカバーの解体工事を始めたいとしていて、再来年度の前半から、がれきの撤去を行う計画です。