水で洗っただけでは放射性物質の存在は消えません。放射線を分解・除去する機能水を使った除染活動です。

検索
キーワードを入力してください
マルハビTwitter

東京家具付モバイル
東京家具付モバイル

株式会社イチイ
イチイグループ
東京家具付き賃貸
東京家具付き賃貸
senior's 高齢者賃貸住宅
高齢者にお勧め物件
都会と田舎暮らし
マルチハビテーション

3号機の燃料4体 ハンドル変形 本体に大きな損傷なし

ニュース 1のコピー.jpg

福島原発ニュース




福島民友 2015年3月28日 

大型がれきを撤去した東京電力福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールで、がれきの下敷きになった燃料のうち、4体の上部に付いているハンドルが変形していた。東電が4日、発表した。プールの水の放射性物質濃度に大きな変化はなく、燃料自体に大きな損傷はないとみている。今後の燃料取り出し作業に影響があるかを詳しく調べる。

 変形していたのは、燃料を取り扱う際に使うハンドル。東電が4日午前、水中カメラで変形を確認した。

 東電は2日、原子炉建屋の水素爆発でプール内に落下し、プール内で最も大きながれきとなっていた重さ約20トンの「燃料取扱機」を撤去した。ハンドルは落下の際の衝撃や取扱機の重みで曲がったとみられる。

 3号機プールには566体の燃料が残っている。東電はプール内にある他のがれきを全て取り除いた後、平成29年度中に燃料の取り出しを始める計画。